So-net無料ブログ作成
検索選択

カフスボタン

『カフリンクス(cuff links)』とは、シャツの袖口(カフ cuff)を繋ぐ(リンク linkする)という意味で、これが正式名称です。省略して「カフス」と言う方がいますが、これではただの「シャツの袖口(カフ cuff)の複数形(+ s)」でしかありません。カフスボタンはメンズアクセサリーの中でも数少ない、装飾性に富んだアイテムであると言えるのではないでしょうか。

今では実用目的だけではなく、華麗なファッションポイントとして、金、銀、宝石、エナメル、刺繍などによって、アクセサリーとしての役目を果たしています。形がボタン型をしているので、日本では「カフスボタン」という呼び名の方が一般的ですが、海外で「カフスボタン」と言っても、和製英語なので通じないことが多いです。

王侯貴族の間で装飾的なカフス(カフリンクス・カフスボタン)をつけるファッションが流行し、それを留める飾りボタンとしてデザイン性に富んだカフス(カフリンクス)が普及したとされています。当時の糊付けしたシャツの硬いカフ(袖口)は、普通のボタンで留めることが難しく、パリッとしたカフを保ち、留めるためにカフス(カフリンクス・カフスボタン)が使用され始めました。

カフス(カフリンクス・カフスボタン)が使用されるようになったのは、1840年頃のフランスからと言われています。海外でやりとりする時は、気をつけてくださいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。